トップページ > 企画展・展示会 > 過去の企画展・展示会> 安藤薫と和尚工房展 (2012)

【安藤薫と和尚工房展】
2012年11月14日(水) → 2013年2月15日(金)

安藤薫と和尚工房展 ほくさい美術館では「安藤薫と和尚工房展」を開催します。
この展覧会は宮城県出身で幸手市在住の安藤薫の絵画と栃木県出身で久喜市在住の會田和代(母)の絵画、會田尚子(娘)のレザークラフト作品などを展示します。
安藤は東北最大規模の全国公募展である河北美術展や埼玉県展等に洋画と日本画の両方を出品しており、日洋展で優秀賞を連続受賞、日展入選など、300号等の大作の連作を発表しており、その迫力には圧倒されます。
會田母娘で立ち上げた和尚工房は、母和代の絵画と娘尚子のレザークラフトなど手作り雑貨で構成されており、中でも椅子、クッション、バッグ、財布などに施された彫刻、色彩は革工芸の魅力を余すことなく発揮しています。ぬいぐるみなどの小物も展示しますのでご覧ください。なお、一部作品を販売いたしますのでご期待ください。
皆様のご来館心よりお待ちしております。


※2013年1月中旬には作品の入替を予定しております。

左:「パーティーは始まらない」安藤薫/中:「クッションとディレクターチェアー」會田尚子/右:「トライアングルT」會田和代

左:「パーティーは始まらない」安藤薫
中:「クッションとディレクターチェアー」會田尚子
右:「トライアングルT」會田和代