トップページ > 企画展・展示会 > 過去の企画展・展示会> 金澤進コレクション展

【金澤進コレクション展 ― 秋田で浮世絵と油絵を収集、選りすぐりの作品初公開 ―】
2017年1月14日(土) → 2017年3月26日(日)

金澤進コレクション展
ほくさい美術館では「金澤進コレクション展」を開催いたします。
今回開催のコレクション展は、地方公務員であった金澤進氏が退職を機に収集をはじめた油絵50点、浮世絵7点を展示します。収集作品は油絵150点、浮世絵70点のほか陶器などその芸術作品は多岐に亘り、これら作品群の中から選りすぐりの大作をピックアップしたものが展示されます。すべてが今回初公開の作品、とくに浮世絵は金澤氏の収集のきっかけとなったもので、初代広重の東海道53次蔦吉版54枚、揃い屏風6曲1双は圧巻です。
金澤氏は全国の美術館や史跡を巡るのが趣味で、愛犬2匹と秋田を出発すると10日間は家に戻らないということもしばしば、膨大な絵を観て培った独自の視点で選んだ各々は、自由で感受性が高い見応えあるものばかりです。この機会にぜひ金澤コレクションの世界をお楽しみください。
また、「森田草男展 ― 心に滾る旋律を描く ―」を同時開催いたします。
皆様のご来館心よりお待ちしております。

主な作者名
[絵画の部]

朝井閑右衛門・有島生馬・岡田謙三・北蓮蔵・佐伯米子・相馬其一・田中岩次郎・田中佐一郎・中澤弘光・中根寛・鍋井克之・藤井勉・山本鼎
[浮世絵の部]
国周・国芳・二代広重・周延・初代広重・清親