トップページ > 企画展・展示会 > 過去の企画展・展示会> 出井保勝作品展

【出井保勝作品展 ― ユーモラスでワクワクするようなデフォルメ画 ―】
2017年4月8日(土) → 2017年6月25日(日)

出井保勝作品展
ほくさい美術館では「出井保勝作品展」を開催いたします。
出井保勝は1932年に静岡県浜松市生まれました。金沢美術工芸大学で油絵を学び、卒業後はフリーデザイナー、アートディレクターを経て、美術雑誌、建築雑誌等の出版社を経営していましたが、60歳を前に全ての職を退き、現在まで画業一筋の道を貫いています。
一時期はトライアングル・シリーズという三角形の幾何学に色彩を織りなす作品に取り込み、無限の創造世界に没頭したこともありました。とかく難解といわれている抽象絵画でありながら、その作品群は頗る明快で楽しい心地よい世界を作り上げています。
今回展示した作品は、油彩、アクリル、ガラス絵、デジタルなど多彩な技法を駆使し、人・動物・ピエロなどをデフォルメしたものを明るい色彩で仕上げたものが多く、およそ30点を展示しました。
この機会に、ユーモラスでワクワクするような出井保勝の世界をお楽しみください。
また、「金澤進コレクション展後半 ― 秋田で浮世絵と油絵を収集、初代広重の東海道53次初公開 ―」を同時開催いたします。
皆様のご来館心よりお待ちしております。